料理

料理の想い

生産者、KEISUKE MATSUSHIMA、お客様に喜んでいただける仕組みをつくり、地元の美味しい食材の旬をお客様にリーズナブルな価格で提供します。 ご希望に応じてゲストを楽しませる完全フルオーダーコース料理もご用意。お二人の要望をお聞きしながらコースを組み立てます。 一品一品に込められた想いを、お料理を通じてゲストに伝えていきませんか?

シェフ

シェフ
KEISUKE MATUSHIMA
松嶋啓介

株式会社Accelaire代表取締役
KEISUKE MATSUSHIMA総料理長

1977年福岡生まれ。
エコール辻東京料理専門学校卒業後、 渋谷「ヴァンセーヌ」を経て20歳で渡仏。

2002年の25歳の自身の誕生日にフランス・ニースにて、レストラン「Kei’s passion」をオープン。開店から3年目の2006年、28歳の時、本場フランスのミシュラン一つ星を獲得。(外国人最年少)
同年店名を「KEISUKE MATSUSHIMA」に改め、拡大オープン。2014年、9年連続ミシュラン一つ星を連続獲得中。
 2009年6月に東京・神宮前に東京で取り組む地産地消をテーマにした「Restaurant-I」〈レストラン アイ〉オープンさせ、同店も2011年、2012年とミシュランにて一つ星を獲得。

フランス政府より日本人シェフとして初めて、さらに最年少で「フランス芸術文化勲章」を授与される。また、日本酒文化を世界に発信した功績を認められ、2010年10月、日本酒造組合中央会が認定する「第5回酒サムライ」の称号を叙任した。
著書に『10皿でわかるフランス料理』(日本経済新聞出版社)、『松嶋啓介の家でもおいしいフレンチ』(講談社)、松嶋の評伝として『情熱のシェフ-南仏・松嶋啓介の挑戦』(神山典士著:講談社)がある。